身体の冷えを甘く見て痛い目にあった話

こんにちは。MAKIRIKOです。

 

昨日、今日と雨日和です。

雨の日が必要なのは、よ~~~~~く分かっているんですが

やっぱりお日様が見えないと、元気がでないわたしです。

 

 

 

ところで4月に入ってから、思いのほか寒い日が続いている気がします。

勿論あたたかい日もあるんですが、数えるほど(・・?

おかしいな…でももう春だし、着こむような気温じゃないし…

なんて思っていたら、やってしまいました。

急にひどい頭痛&吐き気。

寝ている以外なんにも出来ない状態になってしまいました😞

しかしこれ、今考えると予兆があったんです。

 

何日か前から妙に寒気がありました

 

4月に入ってから寒い日が続いているな~とも。

これがまさにひどい頭痛の予兆だったのではないかと。

 

余談ですがわたし、以前にムチ打ちを経験してます。

2週間の入院、退院してからしばらくはリハビリで通院。

後遺症も残ると言われました。

普段の生活に気を付けていれば大丈夫なんですが

無茶や無理をすると、今回のようなひどい頭痛を引き起こし

丸一日寝たきりの状態になってしまうときがあります。

 

今回目立って無理や無茶はしてないのですが

身体の冷えに鈍感になっていて、尚且つ冷えへの対策を怠り

首周り、肩周りの血の巡りが悪くなってしまったんだと思いました。

 

 

とにかく身体を温めました

 

ひどい頭痛と吐き気で立つことが出来なかった。

そんな状態でも、なんとか水分摂取だけはと起き上がり

白湯を飲みました。

ただのお湯だけどめちゃくちゃ美味しく感じた😿

白湯と一緒に葛根湯も飲みました。

葛根湯は身体を温めてくれるので、首周り肩回りの血流を促してくれたのか

頭痛の緩和になりました。

いつもは風邪のひきはじめに飲むんだけど、今回も大いに助けてもらった。

葛根湯万歳。

ちなみにお腹も減ってきてたのでお粥でもと思いましたが

作れなかったので、もうプチ断食だと思って食べることは諦めました。

 

 

 

身体が動く、健康なことは当たり前じゃない

 

年齢を重ねて身体が動くことのありがたさは分かっていたはずが

まだまだ自身の身体に対して向き合っていなかったと大反省中です。

特に女性は冷えに対して鈍感でいてはいけないです(´;ω;`)

今回は本当にどうかなってしまうんじゃないかと

不安がどーっと押し寄せました。独り身ってこんな時辛い💦

 

 

今後気をつけることは

冷えを感じた異変を見逃さない。

そして対策は

とにかく肩周り、特に首周りは冷やさない。

予防として

季節が春だろうと夏だろうと

白湯を飲み、葛根湯を飲むこととします。

 

しかし、ほぼ丸一日食べてなかったのに

なかなか大丈夫なもんですね。

そして今はまた以前のようにしっかりお腹が空くようになり

美味しくご飯が食べられるように…😊

健康ってホント幸せです。

 

それではこのへんで。

お読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください