野村萬斎と三谷幸喜とクリスティのコラボで「オリエント急行」に続く第二弾ドラマ「黒井戸殺し」が今夜放送

こんばんは!

久しぶりに土曜日お休みのまきりこです。

のんびり起きて何気なくテレビの番組表を見てたらビックリ(゚д゚)!大好きだった「古畑任三郎」が再放送してるじゃないですか!これは見なきゃと今も見ながらこれを書いてるところです。

その流れで今夜「黒井戸殺し」が放送されることを発見。

前回フジテレビ開局55周年特別企画として2夜連続で放送された「オリエント急行殺人事件」(2015年1月11日・12日)。その第2弾になる今回の「黒井戸殺し」。

原作アガサ・クリスティー、脚本三谷幸喜さん。そして主役は野村萬斎さん。このコラボがまた今夜見られるんですね。しかも原作は「アクロイド殺し」(勿論読んでます)。最初に読んだ時はこんなことってある?って思いましたよね。この原作がドラマ化…どんな仕上がりになっているのか楽しみ✨

スポンサードリンク

「黒井戸殺し」の原作「アクロイド殺し」とは

キングズ・アボット村のフェラーズ夫人が亡くなった。夫人は未亡人だが大変裕福で、村のもう一人の富豪ロジャー・アクロイドとの再婚も噂されていた。検死をおこなった「わたし」(ジェイムズ・シェパード医師)は睡眠薬の過剰摂取と判断したが、噂好きな姉キャロラインは早速あれこれと聞き出した上、夫人の死は自殺だと主張する。外出した「わたし」は、行き会ったロジャーから、相談したいことがあると言って夕食に誘われた。夕方、屋敷を訪ねた「わたし」はロジャーから悩みを打ち明けられた。再婚を考えていたフェラーズ夫人から、一年前に夫を毒殺したことを告白されたというのである。しかも、夫人はそのことで何者かから恐喝を受け続けていたという。そこにフェラーズ夫人からの手紙が届き、ロジャーが読み始めたところ、それは恐喝者の名前を告げようとする手紙だった。ロジャーは後で一人で読むと言って「わたし」に帰宅を促す。その夜ロジャーは刺殺され、フェラーズ夫人の手紙は消えた。

あらすじはこんな感じですが、ここからどんなふうに展開していくのか。原作を読んでいるまきりこは脚本が気になるところです。前回のオリエント急行はどうだったんだろうなぁ…脚本は三谷幸喜さんだし第2弾と言うことは評判良かったんだと思うけど。

ところでこちらはポアロ役の野村萬斎さん。

出典:http://www.fujitv.co.jp/kuroido/gallery.html

ちょっと演技が過剰な気がしますが(笑)、口ひげはお似合いですね~。雰囲気もポアロさんの若い頃って感じ?

そしていつもだいたいそばにいるヘイスティングス大尉がこの「アクロイド殺し」には登場しないんですよね。代わりにシェパード医師なる人物がいてその役を大泉洋さんが演じます。

出典:http://www.fujitv.co.jp/kuroido/gallery.html

他にはこんな容疑者の面々。

出典:http://www.fujitv.co.jp/kuroido/gallery.html

ここには映っていない人物もいますが、み~んな怪しい人に見える。この中に犯人がいるのか???分かるけど言えない(。-`ω-)))

スポンサードリンク

まとめ

「黒井戸殺し」の原作である「アクロイド殺し」のトリックについては賛否両論あるんですが、まきりこは面白いと思った派です。ドラマはどこまで原作に忠実なのか、原作ファンのまきりこはその辺しっかり見ようと思います。

4月14日土曜日、今夜19時57分から放送です(・ω・)ノ

あとがき

放送見ました(=゚ω゚)ノ今回は安心して見られた♪他局放送のクリスティーものがガッカリ感半端なかったので本当に良かった。大泉洋さんも良かった~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°そして野村萬斎ポアロも良かったです💦演技過剰なんて言ってごめんなさい💦

なんか良かったばかり(笑)