小林裕(祥玉園)日本に13人だけ?茶師十段位とは【マツコの知らない世界・日本茶の世界】

こんばんは!

まきりこです。

マツコの知らない世界に「日本茶の世界」が登場します。

ゲストは茶師十段位(ちゃしじゅうだんい)の小林裕さん。

日本でたった13人しかいない、その中のおひとりだそうですが…

「茶師十段位」?

まきりこ、初めて聞く言葉です。

13人しかいないという「茶師十段位」とはなんなのか。

資格、その取得方法とは?

ちょっと調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

茶師十段位とは

茶師十段位は日本茶鑑定士の中の最高位のこと。

日本茶鑑定士?

調べてみると、競技大会の上位入賞者及び五段以上の段位の人が対象で

二年以上の研修を経て与えられる資格のことだそうです。

今日本には39名おられるとのこと。

競技大会というのは、「全国茶審査技術競技大会」のこと。

日本茶鑑定士になるために、この大会で上位入賞が必要です。

全国茶審査技術競技大会は、年に一度開催される競技大会。

国内の有名な茶師さん達の間で行われます。

まきりこのような素人さんには全く判断がつかないような

視覚・嗅覚・触覚・味覚が試される。

個人戦・団体戦の二種類があり、鑑識眼を40点満点の審査で競い合うところです。

お茶が好きだから、なんて理由で誰でも参加ができる大会ではないようです。

お茶の業者さんの間で行われる競技大会ですし

厳しい大会を勝ち抜いた後にも、候補生として二年間の研修期間が待っている。

(しかも年齢制限がある。45歳以下の上位者)

上位入賞を一度したから大丈夫~じゃないところが本当に厳しい世界なんだと思いました。

その最高位である十段が、日本でたった13名なのも納得です。

ちなみにこの競技大会、お茶業界のオリンピックと呼ばれるそうですよ。

スポンサードリンク

まとめ

小林裕さんは創業180年、京都の老舗認定店である祥玉園の茶師です。

茶師とは「お茶を創る」職人さんのこと。

茶葉を審査し判別、それぞれの個性を活かしながらブレンド(合組(ごうぐみ))

することで、表現したいお茶の味を生み出す匠。

出典:https://www.kenko.com

/product/item/itm_6943528272.html

こちらは小林裕さん監修の宇治抹茶です。

厳選されたこのお茶はどんな味なんだろうな。

でも、やっぱり一度は目の前で入れていただいたお茶を飲みたいわ(≧◇≦)